車・自動車・タフコート・サビ止め・錆止め・サビ・錆び・錆・防錆・北海道・下回り塗装
冬期間に道内の至る所にまかれる凍結防止剤は、路面環境の改善に大きく貢献するものの、同時に金属のサビを誘発する原因でもあり、その影響を道路を走行する車が最も受けています。
車の防錆処理をしなければ、増え続ける凍結防止剤の散布量からすると、現状ではサビの発生を促す温床が築かれているといっても過言ではありません。
 北海道の変化する道路環境への対応と予防整備の意味合いから今一度、車の防錆処理の重要性を見直す必要があるのではないでしょうか?
スパイクタイヤが禁止される替わりに登場したスタッドレスタイヤは、冬道の凍結路面(つるつる路面)を見事にまでにつくりあげ、冬期間の事故や渋滞を引き起こす元凶とまでいわれるようになって久しいです。
 
その状態を少しでも解決しようと出てきたのが雪や氷を溶かす凍結防止剤。
その効果は絶大なものであり、冬道にあっても散布した場所には路面が顔を出しグリップ力向上に大きく貢献しています。特に頻繁にまかれる高速道路の状況は冬期間でもいたって良好に保たれています。

しかし、その2次的影響もクロースアップされています。


道内でまく凍結防止剤の95%以上が塩化ナトリウムと塩化カルシウムの混合物で金属の腐食を促進させる原因として問題視されているからです。

その影響について北海道自動車短期大学の
五十嵐友一助教授は「凍結防止剤は塩化系なので、金属のサビを誘発するのは当然のこと。散布量が増えている実態も見逃せない」と指摘しています。
道開発局道路維持課の調べによると、国道への散布量はスパイクタイヤの規制が始まった91年から急増しています。
 
91年の散布量が千五百トンだったのに対し、00年には四万三千五百トンにまで拡大しており、凍結防止剤の散布はここ10年で約30倍にも跳ね上がっています。
 
その散布は国道だけにとどまらず、市道、道道、高速道路にも頻繁にまかれており、全体の散布量は00年度実績で六万トンを超えるまでに拡大しました。

ではなぜこれほどまでに散布量が増え続けてしまうのでしょうか?
その背景について独立行政法人の北海道開発土木研究所では「凍結防止剤の散布は各方面からの要望。 
一度走りやすい路面を体験するとその状態を常に保持したいという声と同時に、ほかにもまいて欲しいとの要望がでる。それらの声に応えようとするとおのずと散布量は多くなる。」と増加の要因を話します。

道東方面のある地域では除雪費よりも
凍結防止剤の費用が高くなるほど散布量が拡大しているといいます。

 同研究所では「環境被害や金属腐食の原因になるという
指摘はあるが、被害の報告は入っていない。両面に全く問題がない凍結防止剤もあるが、実効性とコスト的に問題があり、現状では塩化ナトリウムと塩化カルシウムの混合物が凍結防止にもっとも有効でまいた効果もある」と現状では塩化系の凍結防止剤に頼らざるを得ない実態を説明しています。
平成14年度凍結防止剤・散布実績 
北海道開発建設部 54000トン
北海道建設部  9000トン
道路公団 25000トン
高規格道路  1500トン
札幌市、函館市等都市部    5000トン(推定)
現在北海道で使用されている融雪剤は主に次の3種類です。
 
1、塩化ナトリウム
2、塩化カルシウム
3、NC-MIX(塩化ナトリウム+塩化カルシウム)
4、NM-MIX(塩化ナトリウム+塩化マグネシウム)
 
ナトリウムとカルシウムにはそれぞれ特徴があります。 
塩化カルシウム 速効性がある、薄まりやすく裁凍結しやすい すぐに融雪の必要があるときに使用する
塩化ナトリウム 粒子が溶けにくいため持続性がある 事前散布に適する
MIX系 塩化カルシウムと塩化ナトリウムの中間的な性質を有する オールラウンドに使用する
 
現在の融雪剤である塩化ナトリウム、塩化カルシウムは「塩害」すなわち自動車の腐食等の問題が指摘されています。
このような情勢下に環境に害を与えないという凍結防止剤CMA(カルシウム・マグネシウム・アセテート)の国内生産が釧路で始まりました。
CMAはもともと1970年代にアメリカ連邦道路局(FHWA)が腐食率の低い、環境にも優しい、道路塩に変わる代替薬剤として認定した薬品です。
かしCMAは現状ではまだまだ高額な為実用化するにはかなりの時間がかかると言われています。
日本では平成3年にスパイクタイヤの禁止が法制化され、スタットレスタイヤでも安全に走行できるように、融雪剤の散布量が年々増加してきています。また、各市町村の財政難から、経費が最もかからない「塩」を散布するケースが多くなっており、日本のカーメーカーの防錆対策では、サビ止めなしでは数年で車に穴が開くことは明らかです。
 
日本のカーネーカーではサビ保証(ボディー外板の穴開きサビ)として新車時に
●乗用・バン・ワゴン車・・・・5年
●トラック・ピックアップ車・・・3年 の期間保証をつけています。

しかし保証しない事項「塩害等の外部要因に起因する不具合」とあり、保証の除外となっています。

一方、自動車の平均使用年数(人間でいうところの平均寿命に相当する)は年々伸びてきており、車を長く大切に乗ろうという傾向が高まっています。
※平均使用年数・・・自動車の初年度登録から廃車までの期間の平均年数であり平成10年3月末現在で乗用車は9.44年で毎年増加しています。

タフコートの必要性 なぜサビは発生する? 世界bPの優れた特長
世界の品質テスト 他製品との比較 防サビ以外の利点
価格・取扱店 TOPページ 管理者へメール
There is a possibility of occurring the mistake in information because of inevitability besides a mechanical wound because of the mis-operation of an artificial falsification by the third party or the equipment, etc. though it ensures for the content of publishing this homepage. Moreover, please note might the correction of the content of publishing, the change without a previous notice, and abolition. Please acknowledge that it is not the one to assume what responsibilities even if the user damages according to these information by any chance beforehand. All copyrights of the content of publishing this homepage belong to the homepage manager. Therefore, it is not possible to divert to the homepage manager by the Copyright Law without permission, and to reproduce.
in the most in the workd with the quality and results TUFF-KOTC
サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー