車・自動車・ポリシラプラスツゥー・酸化チタン・ボディーコーティング・ボディーコート・コーティング・ガラスコート・ウォータースポット・フッ素・撥水・北海道・洗車・磨き
TOP>ボディーコートとは>ボディーコートの必要性
TOPに戻る
車の塗装を犯す要因
ボディーコートの必要性
ボディーコートの進化
フッ素含有量6%
カーボン含有量28%
酸化チタン
7Hの硬度と深い艶
固体分46%
撥水性と親水性
汚れを寄せない+電位
メンテナンス・保証
施工価格
取扱販売店
Q&A
ボディーコートの必要性
 ボディーに残る水滴が修正不可能なダメージを与える
ウォータースポット
洗車や雨などで車のボディに水分が残った後、日光などで水分だけが蒸発してしまい、それ以外の不純物や汚染物質がリング状に残ってしまうことで形成されます。そこに汚染物質など酸性の高いものが多いと、ボディの塗装は侵食され、ウォータースポットとして形成されます。空気中に浮遊する汚染物質や、もともと少量であった水分中のケイ素系物質が近年増加してきていることから、ボディーコーティングをするなどの対策が必要です。
ボディ表面の水玉に日光が当たることで、水玉がレンズのような効果を(虫眼鏡で日光を集めると黒い紙を焦がす事ができる事をイメージしていただければ分りやすいと思います)発揮した際に、塗装面にダメージを与えてしまう事です。塗装面に凹上のダメージを与えるので、完全に除去する為には塗装面を平らにする必要があります。やっかいな事にクリア層の下のカラー塗装部分に出来る場合もあり、この場合はクリア層を削ってカラー層を平らにしなくてはならないので、通常はほぼ修正不可能となります。
ボディ表面の水玉に日光が当たることで、水玉がレンズのような効果を発揮した際に、水道水に含まれるカルキや、雨に含まれる汚れがレンズの熱でボディーに焼き付きほぼ修正不可能となります。
 ボディーにザラつきを与え塗装面をサビつかせる恐怖の鉄粉
鉄粉
車のブレーキダストや鉄道の線路や工事現場、工場から散布する金属の粉の中に含まれ、大気中の鉄粉が車のボディーの上に着地しボディーの凹凸に鉄粉が引っかかり、酸性雨+紫外線で酸化されボディーにのめり込み定着する(刺さる)。悪化するにつれて、いろんな汚れが積もりやすく落としにくくなります。
尖った鉄粉が塗膜に刺さる
車の塗装面は通常鉛筆の芯の硬さで白色やクリアは3H、黒や紺、赤などは2Hの硬さです。ですが鉄粉の先端の硬さは5Hの為、尖った鉄粉が塗膜に刺さってしまいます。
塗膜にのって鉄粉がサビる(=酸化する)
鉄粉が車の塗膜にのり放置してままにすると酸化していきます。酸化によって塗膜を侵し、塗膜の中に入り込み最終的には車の鉄板まで到着し、サビを発生させます。
▼次へ ▲ページ上へ戻る ▲TOP
There is a possibility of occurring the mistake in information because of inevitability besides a mechanical wound because of the mis-operation of an artificial falsification by the third party or the equipment, etc. though it ensures for the content of publishing this homepage. Moreover, please note might the correction of the content of publishing, the change without a previous notice, and abolition. Please acknowledge that it is not the one to assume what responsibilities even if the user damages according to these information by any chance beforehand. All copyrights of the content of publishing this homepage belong to the homepage manager. Therefore, it is not possible to divert to the homepage manager by the Copyright Law without permission, and to reproduce.
The first car body of two printing layers coating in the world Polyslla+two
サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー