車・自動車・ポリシラプラスツゥー・酸化チタン・ボディーコーティング・ボディーコート・コーティング・ガラスコート・ウォータースポット・フッ素・撥水・北海道・洗車・磨き
TOP>カーボンフッ素層の特長>世界一のフッ素含有量6%
TOPに戻る
車の塗装を犯す要因
ボディーコートの必要性
ボディーコートの進化
フッ素含有量6%
カーボン含有量28%
7Hの硬度と深い艶
固体分46%
撥水性と親水性
汚れを寄せない+電位
メンテナンス・保証
施工価格
取扱販売店
Q&A
フッ素含有量6%
 フッ素が含有されているのには理由がある
PTFE(フッ素)
1938年にデュポン社はポリテラフルオロエチレン(PTFE)を発見し、他のどんな物質より優れた耐摩擦性・耐温性、それに加え科学的・機械的及び電器抵抗力を備えているのを確かめ「テフロン」という商標を登録しました。PTFEはすぐさま地球上で最も摩擦係数が少なく滑りやすい物質として認知され、「濡れた氷とほぼ同じ摩擦係数を保持する」とギネスブックにも載っている程です。
ポリシラ+Uでは
●水滴がすぐ流れ落ちる  
摩擦係数が少ない為、ボディーに水滴がついててもすぐに流れ落ちるためウォータースポットが付きづらい
●熱に強い
【例】テフロン加工のフライパン
従来のコーティングではボディーに付いた水滴が太陽光線に当るとレンズの役割を果たし、塗膜を溶かしウォータースポットが発生していたが、熱に強いため塗膜を溶かすまでの時間を大幅に延ばすことが出来る。
 今まで不可能と言われたフッ素含有量6%を実現
含有量が多いほど効果が高い
ポリシラ+Uは多くのフッ素含有量を誇る商品です。

その量は今まで不可能と言われた6%も含まれています。従来のフッ素含有量0.8%コーティングの
約7.5倍です。
【例】
ホームセンター等で売っている安価なテフロン加工のフライパンをガスレンジで熱し、スプーンで強い力で表面をキズつけようとするとテフロンが剥がれてしまいますが、専門ショップで購入した高級フライパンは同じ事をしても剥がれません。その違いは
表面に付いているフッ素(テフロン)の含有量に比例します。
ホームセンターで買ったフライパン 高級ショップで買ったフライパン
テフロン加工のフライパンをガスレンジで熱し、スプーンで強い力で表面をキズつけようとすると・・・ テフロン加工のフライパンをガスレンジで熱し、スプーンで強い力で表面をキズつけようとすると・・・
よって効果は含有量が多いほど効果があるという事です。
含有量とは・・・一つの液体(物質)が100とした時、その中に含まれる量。含有量が6とした場合0.06=6%となる。
▼次へ ▲ページ上へ戻る ▲TOP
There is a possibility of occurring the mistake in information because of inevitability besides a mechanical wound because of the mis-operation of an artificial falsification by the third party or the equipment, etc. though it ensures for the content of publishing this homepage. Moreover, please note might the correction of the content of publishing, the change without a previous notice, and abolition. Please acknowledge that it is not the one to assume what responsibilities even if the user damages according to these information by any chance beforehand. All copyrights of the content of publishing this homepage belong to the homepage manager. Therefore, it is not possible to divert to the homepage manager by the Copyright Law without permission, and to reproduce.
The first car body of two printing layers coating in the world Polyslla+two
サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー サイトメニュー